賃貸契約をするときの注意点とは

賃貸マンションの探し方と探す上での注意点

賃貸を調べる 学生、社会人、単身赴任者など様々な人が賃貸マンションに住まれることでしょう。
賃貸マンションの住み心地が良くなければ引越しを検討する人も多いと思います。
引越しを終えた後、マンションの住み心地が思ったよりよくなく、短期間の間に再度引越しをした場合は、再度礼金や引越し費用がかかってしまうため、自分にあった賃貸マンションを一発で選ぶように注意しましょう。
今回は、賃貸マンションの探し方を探す上での注意点を書きます。
まず、自分の希望のエリア、家賃相場、間取りを絞り、ネットで絞り込み希望の物件をいくつか入手します。
そして、信頼のできる不動産5社くらいにマンション名を伝え空き状況と家賃を聞き、部屋が空いていない場合は、空いたらすぐに連絡くださいとお願いするようにしましょう。
ネットで検索する際に注意しておきたいのが「おとり広告」「事故物件」です。
条件がとても良いのに家賃が安かったりする場合は、客を呼び寄せるための広告か事故物件である可能性が高いです。
信頼のできる不動産に事実を確認してみましょう。
また、マンションによっては管理人が常駐しているところでゴミ捨てが非常に厳しい場所もある点にも要注意です。
不規則な仕事をされている方や、仕事が忙しい方は、ゴミ捨て24時間可能なマンションを選ぶと良いでしょう。
その点も不動産屋に事前に確認するとよいです。

賃貸マンションの間取りについて考える

賃貸マンションを借りる場合には、立地や家賃が気になるところですが、同じぐらい気にした方がいい物が間取りになります。
実際に住み始めてから家族構成によっては不便な間取りもあるからです。
例えば、ひとりぐらしなら少しでも広い方がいいとワンルームではなく1LDKを借りた場合、部屋が広いので、仕事以外の休みでは半日がかりで掃除をして時間が潰れてしまうと言うことがあります。
また、広い部屋を借りたけども意外と広い部屋は使わずに物置になってしまったという人も珍しくはありません。
このように、家賃だけが高くて無駄に広い部屋を借りるのは貯まるはずのお金も貯まらなくなってしまいます。
一方、結婚したての夫婦が賃貸マンションを借りる場合には、どのようなことに注意をしたらいいでしょうか。
まず、夫婦二人だけの時には1LDKで十分ですが、数年後に子供が生まれたときには1LDKでは狭く感じるはずです。
子供が2人生まれたときには引っ越しをするしかありません。
最低でも2LDKあった方がいいでしょう。
また、3LDKのような部屋を借りてしまうと、デッドスペースが増えて1部屋だけが荷物置き場になってしまうことがあります。
家族の形態に合わせてよく考えて借りましょう。

check

オンライン英会話で初心者の方でもおまかせください

オンライン英会話で初心者を育成する

障害者施設の食事に関するお悩みご相談ください。

障害者施設の食事を用意

最終更新日:2018/12/6